キャンドル専門店パトラとルミナ

ワックスの種類

 

 きゃんどるカンケイ

  ショップ
 手作りキャンドル

 ・ シンプル

 ・ アロマテラピー

 ・ その他

 アクセサリー

 ヒント集(Q&A)

 リンク

  パトラとルミナホーム
 サイトマップ
パラフィン
重油を精製して作られる。
分子の重さと炭化水素の連鎖のタイプによって、融点が決まる。
最も一般的に使われるのは、大体融点54〜60℃あたりのパラフィンで、これだと希望通りに調整できる。
 
融点 用 途
51〜53℃ コンテイナーキャンドル(容器に入ったキャンドル)。
固形ワックスをやわらかくする。クラフト。
57℃ テイパー(先細りのキャンドル)。ブレンド。クラフト。
62℃ 一般的なキャンドル。ピラー(円柱のキャンドル)等。
68℃ つや出し。オーバーディッピング(溶かしたロウにさっと浸す)。
73℃ 融点が低くやわらかいワックスを硬くするためブレンドする。

パラフィンの弱点をカバーしたり、特別な属性を与えるため、ステアリン酸やバイバー等と共に使われる。    


ビーズワックス(蜜蝋、蜂ろう)
ワックスの語源は、ラテン語で蜜蝋のこと。

働き蜂は、腹部にある4対のろう腺から、ろう片を分泌し、そのウロコのようなろう片を足で抜いて口で加工し、巣を作る。 ハチミツを採った後のミツバチの巣を精製したものを蜜蝋という。

ほとんどすすが出ず、ゆっくり燃焼する。 粘着性がある。
融点 62〜65℃
型キャンドルを作る際、77〜82℃でそそぎ、ゆっくり固める。 あまり収縮しない。

エジプトを起点に、古来よりアピセラピー (ミツバチの生産物による療法) が取り入れられ、その薬効から、ミツバチは神聖視され霊性をもつものとされていた。
蜜ろうそくは、キリスト教会の発展の時期に、多く用いられ、蜜蝋は、聖母から生まれたイエス・キリスト (蜜蝋が働きバチ(雌)から生まれるように) の身体を象徴し、芯はイエス・キリストの魂を、炎は神の神性を象徴しているとされる。

 ふたたび、ラー(太陽神)は涙を流した。
  彼の目から水が地に落ち、一匹のハチとなった。
  ハチがつくられたとき、その仕事はあらゆる植物の
  花々(で、働くこと)だった。 
  それがどうして、蜜ろうができたのか。
  どうしてハチミツができたのか。
  彼(ラー)の涙から。  
     (紀元前300年代のエジプトのパピルス)


木ろう(櫨ろう)
はぜの実から獲れる。
融点 50〜56℃
はぜはウルシ科ウルシ属の落葉高木。
秋になると、炎が立つように赤く色づき、その紅葉の美しさから、黄櫨紅葉(はじもみじ)という襲(かさね)の色目もある。 黄色いはぜ実の収穫は冬の寒い時期。 かぶれるし、木は高いし。

木ろうで作られる和蝋燭は、職人の熟練の手技によるもの。
植物性のすすなのでとれやすい。 ゆっくり燃焼する。炎は風に強く消えにくい。
風がなくても上下に揺らぎ 「生きた炎」 とも言われる。

西洋において、キリスト教会で蜜ろうそくが使われたように、日本においては、寺院で和ろうそくが用いられた。 現在でもその風習は残っている。
仏教では、一般的に、和ろうそくの炎は如来の知恵を象徴する。


ベイベリー(シロヤマモモ)
ヤマモモ科の低木ベイベリーの実から獲れる。
実を水でぐつぐつ煮ると、ワックス成分が表面に浮く。 そのまま冷まして固まらせる。

セージグリーン。 気持ちのよい樹脂の香りがする。
硬くてもろい。 融点 43−48℃


鯨ろう(げいろう)
現在では捕鯨禁止だが、マッコウクジラの頭から獲れる白色半透明のろう。
このろうはクジラにとって重要な役割を果たす。
明るくクリーンな光。
融点 42−50℃


獣脂
牛、羊、ヤギの腎臓の周りの硬い脂肪。
ワックスではないが、古代から使われていた。
すすや悪臭があるのと、やわらかいので、曲がったり垂れたりする。


ソイワックス
最近ポピュラーになったワックス。 エッセンシャルオイルの溶解度が パラフィンより高いのでアロマキャンドルによく用いられる。
水素化合処理した大豆をベースに 植物オイルとのブレンドによりつくられる。
パラフィンより クリーンで燃焼時間も長いと言われているが 科学的実証はない。


ジェル
グラスなどに入ったゼリーのようなキャンドルを作る。
ジェルは、約5%のジェラント(植物から化学的に引き出した樹脂) と95%のミネラルオイルからなる。       


  「Essentially CANDLES」 Dr.Robert S.McDaniel & Katherine J. McDaniel 参考
   パラフィン、ソイワックス、ジェルにつては要旨引用
 

[ きゃんどるカンケイ / ページ先頭へ ]

 キャンドルの歴史 >>
 キャンドルの語源 >>
 キャンドルマジック >>
 してはならないことをするとどうなるか >>
 こんなことするとどうなるか >>
 キャンドルの本 >>
 こぼれ火 >>
 アロマテラピーの歴史 >>
 アロマテラピー隠れ塾 >>
 植物の学名 >>