キャンドル専門店パトラとルミナ
植物の学名
 

 きゃんどるカンケイ

  ショップ
 手作りキャンドル

 ・ シンプル

 ・ アロマテラピー

 ・ その他

 アクセサリー

 ヒント集(Q&A)

 リンク

  パトラとルミナホーム
 サイトマップ
植物にはそれぞれ学名がつけられていますが、学名って、最初の印象は、いかめしそうで、とっつきにくい感じがしますよね。
でも意味を知ると、なかなかロマンにあふれているんです。

学名は、ラテン語をもとにした世界共通の名前です。

例えば、ローズマリー(シソ科)の学名は、
Rosmarinus officinalis (ロスマリヌス オフィキナリス)。
正式にはこの後に命名者の名前を記します。
最初の Rosmarinus は名詞で 属名 を表し、次の officinalis は形容詞で 種小名 を表します。

ここに山野花子さんという人がいたとして、山野(一族)が属名のようなもので、花子さんのことを色の白い山野さんと呼ぶようなものなのかな。

ラテン語では、名詞の次に形容詞がきて、
男性名詞だと、形容詞の語尾が、us と変化します。
女性名詞だと、形容詞の語尾が、a と変化します。
中性名詞だと、形容詞の語尾が、um と変化します。
(やっかいなことに、例外はあります)

そして、ローズマリーの学名は、
Ros(露)+ marinus (海の)  officinalis (薬用の、薬効のある)
で、 "薬効のある海の露" という意味になります。
ここから、"海のしずく" と呼ばれるのです。

         参考 「野草図鑑(1)」 長田武正著 保育社

[ きゃんどるカンケイ / ページ先頭へ ]

 キャンドルの歴史 >>
 キャンドルの語源 >>
 ワックスの種類 >>
 キャンドルマジック >>
 してはならないことをするとどうなるか >>
 こんなことするとどうなるか >>
 キャンドルの本 >>
 こぼれ火 >>
 アロマテラピーの歴史 >>
 アロマテラピー隠れ塾 >>