キャンドル専門店パトラとルミナ
してはならないことをするとどうなるか
 

 きゃんどるカンケイ

  ショップ
 手作りキャンドル

 ・ シンプル

 ・ アロマテラピー

 ・ その他

 アクセサリー

 ヒント集(Q&A)

 リンク

  パトラとルミナホーム
 サイトマップ
キャンドル作りにおいて

・ ロウは油と同じように扱い、溶かす時は、温度計をそばに置き、湯せんにかけて。そばを離れない。温度調節機能の無い場合、直火は絶対にだめ。

・ 熱したロウに水分を加えてはならない。
 ""

手作りキャンドルの本には必ず書かれている大原則ですが、これを二つとも破って、どうなったか。
以下、過去の雑記です。

ステンレスの取っ手つき計量カップで、ロウを湯せんで溶かして置いていたら、カップが傾き、お湯が2,3滴(?)飛び込んだ。すぐに水分が分散してしまったので、どうしようかとは思ったけれど、とりあえず次回もそのまま使うことにした。

使う段になって、
水がはねるということは‥‥‥温度を上げなければ大丈夫だろう。
湯せんにするのは時間がかかるし、ストーブの上で温めて省エネだ。
などと安直に考え、石油ストーブの上にのっけていたら、少量なもので、あっという間に温度があがって、パチッ、パチッと言い出した。あわてて取り出したのが、届いたばかりの耐熱シリコン手袋。
これがいけませんでした。 でっかくて、親指部分と4本指部分の長さに差がありすぎる。 おまけに、両手兼用で親指部分が真ん中についているため、
取っ手がつかめない!

カップの位置を変え、何とか取っ手をつかもうとしたけどうまくいかない。カップの裏底にロウがついたみたいで、ちょっとあたっただけで、スルスルすべり、ストーブから落っこちそうになる。片手で何かをもてあそんでいるネコの格好のまま、ハネはどんどんひどくなる。 思い余ってカップ全体をワシづかみしたら、つかんでいるのは手の先のシリコンゴム。 スローモーションのようにすべり落ちて、サーッとゴールめざすのをゴム先で食い止め、しばし放心状態に陥っていると、パチパチパチパチッとすごい音がして、ロウがあたりに吹き飛んだ〜!
うわあああ!(心の叫び)
この時幸いにもストーブを消せばよいということに気づいた。
一応手袋はロウまみれになりながら私の手を守ってくれたけど、後始末がやっかいで、油煙のにおいもなかなかとれませんでした。

教訓
これはしてはならないと書いてあることには、意味がある。
多少オーバーぎみに書いてあるのは、それでもやってしまう人がいるため。守らないと、とっても危険。
それより何より、温度の上昇をくい止めたい時は火元を止める。
これ常識ですが、予想外のシリコン手袋の働きに動揺してしまいました。
引火するということなどは当然予想外のことなので、想定内にいれておくこと。 さもないと、いざという時とんでもないことをしてしまいます。

[ きゃんどるカンケイ / ページ先頭へ ]

 キャンドルの歴史 >>
 キャンドルの語源 >>
 ワックスの種類 >>
 キャンドルマジック >>
 こんなことするとどうなるか >>
 キャンドルの本 >>
 こぼれ火 >>
 アロマテラピーの歴史 >>
 アロマテラピー隠れ塾 >>
 植物の学名 >>